今更加藤純一にハマる33歳

ネットの荒波を常に泳いでいる人ならご存知のインターネットヒーロー加藤純一(うんこちゃん)。

名前をよく見るなぁとは思っていたものの、何している人かすらも知らなかった私が、無事に衛門(加藤純一信者)へとなってしまいました。

見るようになったきっかけは『人狼殺』という携帯アプリの人狼ゲーム実況動画から。

これはマジで面白いから「加藤純一」って何者?って思っている人はこの動画から見るのが良いと思います。

加藤純一を見るようになってから、今まで以上にその名をよく目にするようになったのですが、あきらかにここ一年で知名度上がってない?

私は大学時代あんまりニコニコ動画に熱中していなかったのですが、周りはそれはそれは熱中していて、うんこちゃんとしてニコニコ動画で活動している初期の頃をリアルタイムで見ていたみたいです。

そんな初期を見ていた友人たちもまた今現在一緒に加藤純一を楽しんでおります。

何が面白いのか加藤純一

何が面白いかと聞かれるとなかなか難しいですが、

  • 個人的にはゲーム実況中に起きる奇跡
  • 歯に衣着せぬ物言い

でしょうか。

ブラックな笑いが好きな私としては2点目の歯に衣着せぬ物言いに刺さっている部分が大きくて。
よく悩み相談などの雑談配信等をすることがあるのですが、その中でもホモであることを爆笑したり障害者にいじったり。
(※もちろん相談者も加藤純一のリスナーですので、それに対してネガティブな感じはありません)

私が一番笑ったのは、
鼻にぶつぶつがあるという悩みで電話を繋いだ視聴者に対し、電話を切って鼻の写真を加藤に送った後、再接続語の第一声が

加藤純一
おう、鼻ブツ?
だった時でした。

こういうのが笑えない人は加藤純一は無理かもしれません。ていうかこれを歯に衣着せぬ物言いと言って良いのか、ただの悪口ではないのかという疑問は置いときましょう。(これを笑う私の人間性はやばいのかも・・・)

実際に歯に衣着せぬ物言いをすることもあって、ポリコレ棒で叩く最近の風潮への物言いはスカッとするものがあります。
こんなこと芸能人は言えませんからね。

 

偶然の再会オーイシマサヨシ

加藤純一の動画を追っていると何やら見覚えのある人と番組をやっているんですよね。

加藤純一の横にいるリアルワルイージみたいな男。これが私の聞き覚えのある名前、オーイシマサヨシです。

最初でどこでこの名前と出会ったかというと、それは大学一年生の時に行った最初の合コンでした。
そこで、1番可愛かった女の子が「好きなバンドはSound Schedule」と言っていて、家路に着いたのちに必死に聴いたそのバンドのボーカルが大石昌良だったわけです。

バンドマンとして認識していた男が、コンプライアンスガン無視のアンチフェミ男と一緒に番組をしているなんてびっくりですよね。
大学一年生なんてもう15年くらい前のことですから。

知ってからもどんどん大きくなる加藤純一

先ほども書きましたが、私が知ってからの1年間程度で明らかに知名度をあげている加藤純一。

先日は元ジャニーズの手越とも共演してましたし、狩野英孝との共演も決まっております。

あんなやべー発言するやつを割と公な場所に出してよいのかと心配になりますが、意外と卒なくこなしていますね今のところ。
炎上することなく活動を続けていってもらえたらと願うばかりです。

 

 

ポリコレ棒でボッコボコにされる加藤純一もおもしろそうだけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です