【副業】2019年のYouTube振り返り&収益公開

本を聴こう
初回登録時は30日間無料

2019年も終わり2020年になりましたので、昨年のYouTube投稿での振り返りと収益を公開したいと思います。

個人的には『まだまだYoutubeで稼げる時代だろ!』と思っておりますので、これから収益を出そうと考えているひとは参考にしてみてください。

2018年1月チャンネル開設

私のチャンネルは2018年の1月に開設をしました。

もちろん収益を上げよう(=お金を欲しい)と思ってチャンネル開設したものです。

ただし、最初はお金にならない(※チャンネル収益化には基準がある)ため、私のモチベーションも低く、1月から3月末までは以下のような再生回数でした。

動画投稿数は3ヵ月で12本。ほとんど毎日1,000回以下の再生回数

3月末でのチャンネル登録者数は103人

収益化の条件である登録者数1000人なんてまだまだ遠い。

 

ここで、結構折れる人が多いのかもしれませんが。私は奮起しました。

ぽんこつ
くそがぁぁぁやってやらああ。ここまでやったんだから続けてやる!!!

ということで、大して頑張ってもいなかったのですが、コンコルドの誤りという言葉を無視して頑張ることを決めました。

 

 

 

今思うと、ここでやめなくて良かったなと思います。

2019年前半~チャンネル登録収益化

新年度を迎え、今年度はやるぞと、意気込んだもののいきなり頑張っては息切れするのでGWから本腰を入れて動画投稿をやり始めました。

なんとなんと、1,000回だった再生回数も、2019年前半の最高では40,000回近い再生回数を稼ぐようになりました。

 

その間に収益化の条件であるチャンネル登録者1000人を突破しました(6月6日)!!!
詳細は下記記事に書いてあります。

【YouTube】開設5か月でチャンネル登録者1000人突破!!!顔出し炎上なしで1000人突破のチャンネルデータ公表

6月 9, 2019

 

 

6月6日に収益化の申請を行い、無事に申請が通り6月10日の再生分から収益が入るようになりました。

ぽんこつ
収益化タブで売り上げを見た時は感動しました

ちなみに初日の収益は1,490円でした。
(さらにちなみに、次の日はもっと稼ぎたいと動画投稿して5,400円でした。)

 

これはかなり稼げるやん!!!!

ということで6月はそこから頑張りに頑張って、6月の収益は10万円ちょっとになりました。
(各月収益は後述します。)

2019年後半

2019年下半期は少し手を抜いた時期もありました。

グラフを見てもらえれば9月、10月に再開回数が下がってるのが分かると思います。

そこでこのままではやばいと、11月12月投稿数を増やしなんとか持ち返し。

この時に、定期的に投稿しないと再生数は伸びないんだなと知ることになりました。。。
レベルは大分違いますが、人気YouTuberですら毎日投稿している意味が分かりやした。

2019年YouTube 収益その他データ

ということで、これからYouTubeやりたい人向けに一年間(ほぼ半年強)チャンネル運営をした各種データを公開します。

動画投稿数

上期 投稿数 下期 投稿数
1月 9本 7月 39本
2月 3本 8月 43本
3月 0本 9月 46本
4月 2本 10月 32本
5月 20本 11月 37本
6月 41本 12月 42本
    年間
合計
314本

再生回数

上期 再生回数 下期 再生回数
1月 25,170回 7月 416,965回
2月 41,302回 8月 452,220回
3月 17,632回 9月 234,151回
4月 44,757回 10月 204,485回
5月 282,943回 11月 297,044回
6月 645,496回 12月 478,916回
    年間
合計
3,141,081回

 

収益

上期 収益 下期 収益
1月 0円 7月 90,000円
2月 0円 8月 94,000円
3月 0円 9月 4,7000円
4月 0円 10月 33,000円
5月 0円 11月 66,000円
6月 101,000円 12月 135,000円
    年間
合計
566,000円

※金額は端数処理しております。

ちなみに、収益化されてからの再生回数で合計収益を割った単価は0.22円/回となっております。

チャンネル登録追加数

上期 新規登録者数 下期 新規登録者数
1月 37 7月 897
2月 61 8月 1,022
3月 22 9月 506
4月 60 10月 346
5月 678 11月 588
6月 1,779 12月 919
    年間
合計
6,915

※延べの新規登録者数ですので、現在の登録者数は合計数字より少なくなっております。

作業量

ぽんこつ
いっぱい。

自分がどれほどPCに向き合ってたかは計測していませんが、そこそこの作業量を行いました。
10万弱の収益をだしている時はほとんど毎日1時間程度作業しておりました。

もう少し1動画当たりの再生回数を増やして自分の労働単価を上げたいところ。

 

 

2019年YouTubeを振り返って


上にも書きましたが、各動画の再生数をもう少し上げて、労働単価を上げていきたいなと思っております。

それを実現するためにはどうすればよいか。

まったくのノーアイデアですが何か?

アイデアはありませんが、ウケる動画とウケない動画というのは1年間の投稿を通して分かるようになりました。

最初の頃は自分が思うウケと視聴者が思うウケ(再生回数)にかなりのギャップがありましたが、最近は大体予想がつくようになったので。

 

 

経験則だけは蓄積された気がするので、2020年は少しずつ各種数値を改善していこうかと思います。

ぽんこつ
税金の手続きなんも知らないから今から勉強大変。

 

created by Rinker
¥1,738 (2020/01/26 04:21:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
合同フォレスト
¥1,650 (2020/01/25 20:13:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ギリ昭和生まれのアラサー会社員です。 音楽と可愛い女の子とちょっとした悪口が好き。 嫌いなものは上司としいたけ。 詳しいプロフィールはトップメニューバーより。