【ハンドボール】もうドリブルからのゼロステップ認めようよ?

どもども、ハンドボール大好きおじさんです。

YouTubeで死ぬほどハンドボールの動画見てて思うんです。

ぽんこつ
ゼロステップのルールガバガバやな

って。

ハンドボールのゼロステップの考え方は以下の通りです。

ゼロステップ

  • パスを空中で受けて着した足は0歩目
  • 但し、ドリブルを空中で受けて着地した足は1歩目

と数える

これがまぁガバガバルールなもので。

どうガバガバかというと、上の説明の2個目のルールが全然適用されていないんです。

ドリブルから4歩ステップを踏んでいるにも関わらず、オーバーステップの反則をほとんど取られていないんです。

これは日本のリーグから、国際的な試合までほとんどそうです。

 

これに関しては、私は審判を責めるつもりはありません。

だって、審判も許そうと思って笛を吹いていないわけではありませんから。
現状、審判でもゼロステップをスピーディーな動きの中ではっきりと判断できないというのが事実なんですよ。

ルールを守る選手が割を食う


審判もドリブルからのオーバーステップを見切れないし、選手もそれを利用して(?!)平気で4歩目まで歩いてプレーしている選手もいます。

この状況で、かわいそうなのがしっかりルールを守ってステップを踏んでいる選手です。

ハンドボールの1歩ってすごい大きいですよ。

単純に考えて今の行動範囲の4/3(3分の4)動けるわけですから。

このガバガバなジャッジをされている状況で、今現在ルールを守ってプレーしているような選手は、

『審判もオーバーステップ取れていないからええやろ。ええ~い4歩目!』

なんてことをするような選手ではきっとありません。

そうなると、このガバガバ状況で一番損をしているのは正直者の選手たちなんですよ。

ドリブル後もゼロステップで良くない?

この状況の解決方法で一番良いのって、どう考えても『ドリブル後もゼロステップ適用』だと思うんですよ。

さっきも書いたけど、審判も見逃そうと思って見逃しているわけではないので、

『これからはもっとちゃんとステップを見よう‼‼‼』

なんていったところで、変わらないんですよ。ちゃんと見てるんだから今も。

となると、もうドリブル後もゼロステップとみなすとするのが一番良いわけです。

そうすれば、審判へのジャッジへの不満も減るし、正直にルールを守ってプレーしていた選手たちはこれから1歩多く歩けることでプレーの幅が大きく広がると思うんですよね。

今まで正直者がバカを見てきたけど、縛りプレイしていたおかげで、これから力が解放される的な。

<参考>

ということで、だれがどうみてもしっかりと運用されていないクソルールなので、見直して欲しいなと思う次第です。

ぽんこつ
正直者が損するルールはいやです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です