【テレビ】「一般的な普通の男」のハードルを数字で見てみる

ツイッターで,テレビで紹介された『一般的な普通の男』というのが話題になっております。

一般的な普通の男のフリップに出ていた項目は下記の通り。

一般的な普通の男

  • 年収500万円以上
  • 大卒
  • 身長170㎝以上
  • 正社員
  • 長男以外
  • 清潔感がある
  • 常識やマナーがきちんとしている

テレビだから視聴者を釣りやすいように書いているかも知れませんが、どうかんがえても普通じゃない。

いかにこれが希少種であるか。
それを示すために、上5つを統計データからすうじで

 

見ていきます。

テレビで紹介された”一般的な普通の男”の割合

年収500万円以上の割合

まずは年収について。

『平成30年賃金構造基本統計調査』によると、

男性の平均年収は、337.6千円

もうこの時点で年収500万円の人は50%よりはるかに少ないのは分かりますよね。

 

ちなみに、この平均年収というのはおまけ付きで、算出した平均年齢も出されていて、その年齢は43.6歳です。

こういった『一般的な普通の男』というような話題の場合に想像するのはおそらく20代~30代だと思うんですよね。年功序列の給与体系である日本では、その20代~30代だけに限るともっと年収は低くなり、

  • 20~24歳 212.6万円
  • 25~29歳 247.9万円
  • 30~34歳 289.4万円
  • 35~39歳 325.2万円

となっております。

 

 

 

では、実際に年収500万円以上の男性はどの程度の割合いるのか。

<賃金階級労働者割合(男性)>

賃金階級 割合(%)
500~599万円 6.0
600~699万円 3.1
700~799万円 1.5
800~899万円 0.8
900~999万円 0.4
1000~1099万円 0.3
1100~1199万円 0.3
1200万円~ 0.4
合計(500万円以上) 12.5

年収が500万円以上の男性は、12.5%です。約9人に1人の割合です。

ちなみにこれ、全男性の12.5%ですよ。

 

全世代で9人に1人。

では、若い世代にどれくらいいるのか。

人口ピラミッドにその数字を載せてみました。

どうですか。

これを見ても年収500万円の男性が一般的な普通の男ですか?

ぽんこつ
サラリーマンをなめんじゃねぇ

隙あらば自分語りとなりますが、

  • 偏差値60以上の高校入学
  • 高校で320人中10番以内の成績
  • 旧帝大・大学院卒
  • 大企業入社

の 31歳で、やっと500万円(残業なし)なんだぜ・・・。

客観的に、スペックだけ見たら普通じゃないぜ。。。

ぽんこつ
僕頑張ってきてるんだよ

大卒の割合

平成31年3月に高校を卒業した人の男子の中で、大学へ進学した人の割合は、

卒業生の大学進学率 51.6%
(ソース:学校基本調査

2019年現在、20代~30代である男性の大学進学率は約44%~55%ですので、『一般的な普通の男性』である大卒という条件は男性の約半分が当てはまることになります。

身長170㎝以上の割合

高校生以下の身長を調査している『学校保健統計調査』(H30年度)を利用して17歳の身長分布データを見ると、

身長170㎝以上の男子 57.1%

これは半分以上の男性がクリアしていることになります。

ぽんこつ
166㎝しかないホビット族の私が希少種でした…

正社員の割合

労働力調査(詳細集計)平成30年(2018年)平均(速報)』によると、

男性は正規の職員・従業員が2339万人と29万人の増加,
非正規の職員・従業員が669万人と22万人の増加となった。

これを割合にすると、
正規の職員の割合 77.8%

これについては、正社員の方が圧倒的に多く、身長や学歴に比べて『普通』と言ってもそんなに弊害のない唯一の指標ではないでしょうか。

長男以外の割合

2009年の『第6回世帯動態調査結果の概要』によると、

1955-59年出生以後の世代ではおおむね7割程度が長男である。

とありますので、

長男以外(非長男) 約30%

と言えるでしょう。非長男は3人に1人以下の割合です。

少子化は進む一方ですから、若い子になればなるほど、長男の確率はあがっていきます。

『一般的な普通の男性』の割合は?

ということで、各割合が出てきましたので、テレビの言う『一般的な普通の男性』の割合がいかほどなのか。

計算してみましょう。

数字は下記を使います。

条件 割合
年収500万円以上 12.5%
大卒 51.6%
身長170cm以上 57.1%
正社員 77.8%
長男以外 30%

上の各項目に相関関係がないとして、単純に掛け算で計算すると

結果は…

 

 

全男性の0.86%です。

 

 

どこが一般的やねん。

 

 

 

どこが普通やねん。

どちゃくそ希少種。

これ全男性で見てるんで、若い人となると年収の面でさらにハードル上がるので、もっと少ない割合です。
さらにこの条件の他に、好みの問題が絡む、「清潔感」やら「常識マナー」みたいな項目もあるわけでしょ?

これを一般的、普通というのは完全に『あたおか』案件です。

 

テレビマンよ、テレビ制作側の普通と、テレビ視聴者層の普通を一緒にしたらいかんぜよ。

 

そりゃテレビマンからすれば、職場や大学の友人等、周りには大卒で年収500万円以上といった男性しかいないので、社会のボリューム層が一番ハードルの高い年収部分を気にする必要がないために、こんな常識外れな情報を提供しまうんでしょうけど。

こういったズレのある情報をテレビで大々的に出すと、婚活で痛い目に合う女性が増えてしまうので気を付けて情報を出してあげましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です