【結婚生活】ついにお小遣い生活が開始。副業頑張らねば。

結婚生活1年半。財布を別々で悠々自適に生活しておりましたが、この度お小遣い制に移行することになってしまいました。

『貯金をしよう』という絶対正義に対する反論というものが存在するわけもなく、お小遣い制度はあっさり起案・決裁される運びとなりました。

ちなみに施行は12月の給料からです。なので、12月のボーナスについては丸々貰っていいことになりました。さすが優しい嫁ちゃん。

ぽんこつ
PS4買ってデッドバイデイライトしたかったんや

月にお小遣いはいくらもらえるのか

お小遣い制になるという事実にテンションが下がり過ぎていたため、自分がいくらもらえるのかちゃんと聞いていませんでした。


が、世の男性の「昼飯代入れて2万円」みたいな奴隷制度ではなかったような気がします。

 

 

 

ちなみに、新生銀行による「2019 年サラリーマンのお小遣い調査」によると、

男性会社員の毎月のお小遣い額は 36,747 円
(前年比 3,089 円減少)

だそうです。私のお小遣いはこれよりも幾分か多かったような気がします。

副業分は結構自由にもらえる(1万円引かれる)

私は、このブログやYouTubeで副業として小銭を稼いでいて、奥さんもそのことを知っています。

この副業分の稼ぎは自由にさせてもらえるとのこでした。(だからあんまり給料からのお小遣いは覚えてなかった)

ただし1万円だけくれとのことでしたので、副業で稼いだお金から1万円引かれた分がお小遣いに+αで自由につかえるとのことでした。

でも、最近この副業での稼ぎが減ってきてて、

7月 108,118円
8月 93,422円
9月 97,988円
10月 51,892円

11月も右肩下がりのままなのが確定的で、このままだと1万円の占める割合が徐々に大きくなってくるので、頑張って副業での稼ぎを上げていかないとと俄然やる気が出てきたところです。

created by Rinker
扶桑社
¥1,540 (2019/12/09 20:13:18時点 Amazon調べ-詳細)

普通のお小遣い制だと結構詰んでない?世の奴隷夫たちよ副業しようぜ

割と世の男性にもらえるお小遣いの相場よりは、高めにもらえる私ですが、それでもお小遣い制で生きていくの辛過ぎね?と思うわけです。

先ほどソースとして使った、「2019 年サラリーマンのお小遣い調査」によると、

1ヵ月のお小遣い毎月のお小遣い額は 36,747 円において、

  • 男性会社員の昼食代は 555 円
  • 男性会社員の 1 ヵ月の飲み代は 13,175 円

昼飯はいいとして、 1 ヵ月の飲み代 13,175 円でやっていってるのみんな?!

こんなんラウンジにもいけへんやないの。

スケベな1日1次会   5,000円
2次会   3,000円/60分
 ドリンク 1,000円/杯
 延長   3,000円/60分

いやもうこれで終わりやん。

スケベなしにしても、普通にテンション上がって二次会にも迂闊にいけなくない?

つーか、大好きなギャンブルが出来ねえ。

ぽんこつ
ど、奴隷だ

私も、平均の2倍もお小遣いがあるわけではないので、概ねこの相場くらいの内訳にしないとうまくお金を使えないということになるのですが、本当につらい。副業分がなければ絶対ヤバい。

楽しい飲み会ですら頭の中でセコイ計算をしなければならないそんなみじめな家の畜生、家畜になりたくないので、これからも副業頑張りたいと思います。

世の中でセコセコやりくりしているサラリーマンの方も副業という選択肢を視野に入れても良いと思いますよ。

奥さんによっては小遣い交渉して上げるよりも俄然簡単な場合もありますからね。

個人の話になりますがまずは月7万円くらいまで戻したいな。簡単じゃないけど頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です