【ハンドボール】日本代表の弱点はどう考えてもポスト。

先日、日韓定期戦とJAPANCup2019の感想を書きました。

【ハンドボール】日韓定期戦・JAPANCUP2019を見て世界との壁を痛感

7月 7, 2019

そこではアダム選手を筆頭にディフェンスがお粗末ということを書いたのですが、それと同じくらいに日本と世界ではポストプレイヤーの能力に圧倒的な差があるなと。

 

ありがたいことに今の時代は世界のハンドボールの試合なんかがネットで見れるのですが、そこで見ることのできる世界の強豪国のハンドボールは、これでもかとポストに放りまくり

日本でポストにパス行くことって一試合に2~3回あるかないかとだと思うんですが、その感じで世界の試合を見ると、

ぽんこつ
ポストゲーやん

って思うはずです。

 

 

いつか見た試合では得点の半分はポストなんじゃないの?って試合もありました。

日本代表だと、下手したらポストの得点が0という試合も普通にあるんじゃないですかね。

 

 

体のつくりが違うからポストの使い方に大きな差が出るのは仕方ない』というのも分かります。実際そうだし。

だけど、日本代表のポスト陣、数少ないパスをポロポロ落とす。一試合にそう何度もないシュートシーンで外す・止められる。

ぽんこつ
そこは改善できるところじゃないのかなぁ。

 

大柄な玉川選手とかが出てきたけど、体格だけで行くと彼でも世界レベルだとスタンダード。

そこでスキルまでもが低かったらそりゃ勝てない。弱点になってしまう。

 

 

海外のポストプレーヤーは、

ぽんこつ
こんなデブでハンドボール出来るの?

って思うようなポストがたくさんいますが、全然そいつらの方がパスをキャッチするし、シュートも決めてるのが実情です。

 

日本のバックプレイヤーは、体格の違い、そこから生まれるシュート力の差というものが顕著です。

ですが、アジリティ(敏捷性)で言えば、全然世界でも戦えています。世界と比べて一長一短があるわけです。

 

一方、今回ダメだと書いているポストに関しては現時点で、一短一短の二短です。

もうちょっと世界で戦えるポストになってほしい。

 

 

 

ここまで書くのも、東京オリンピックで日本が活躍してほしいから。

活躍することが出来れば、ハンドボールの普及にめちゃくちゃな大きな貢献になります。

 

 

マイナースポーツは代表が強くなければスポットライトは当たりません。

 

過去記事にも書きましたが、高校の部活で言うと、剣道・ラグビー・水泳・柔道よりもハンドボール部の方が多いのです。

【スポーツ】ハンドボールはマイナースポーツなのか

3月 28, 2018

だけど、ハンドボール部より競技者の少ない、水泳や柔道、上にはないけどレスリングなんかもかなりの注目を集めていますよね。

それは日本代表が強いからに他なりません。

今のポジションからいきなり優勝なんかはもちろん難しいのは分かっていますが、それでも予選ラウンド突破くらいはしてほしい。

少しでもテレビでピックアップされて普及に繋げてほしい。

そのためにはポストプレイヤーの成長が、今の日本代表には急務なのではないでしょうか。