【副業】YouTubeで稼げ過ぎて本業のやる気が出ない。副業は楽しくて本業がつまらない理由。

どうもぽんこつです。

YouTubeが収益化されてからというもの、毎日5000円~7000円程度がチャリンチャリンと懐に入ってきております

月収で言うと15万円~21万円。

笑いが止まらないですよね。

YouTubeは土日休みとかないので、土日でも配信した動画がしっかり稼いでくれるのもいいです。

 

もともとお金が大好きな私は、社会人になってからどうにかしてお金を稼ぎたいといろいろとやってきましたが今回YouTubeでやっと当てることが出来ました。

こうなってくると、

ぽんこつ
本業がマジでやる気でない

 

これは結構な弊害です。

仕事やっていても、帰ってからのYouTubeのことばかり考えてしまいますし、一生懸命働いたからって別に月の月給は変わらないんだよな…なんてボケーっとしてしまったり。

完全なるダメなリーマンになりさがってしまいました。

とはいってもしっかり仕事はしていますよ?

ただめちゃくちゃぼーっとすることが増えました。

実際に上司や周りの人から、仕事のことで何かツッコミを受けることはありませんが、このままのモチベーションだといつか何かやらかしそうだなと。

稼げるようになると副業はめちゃくちゃ楽しい

YouTubeで稼げるようになってからというもの、

  • 早く家に帰ってPCに向かいたい
  • 早く動画をアップしたい

 

と業務中ずっと考えています。

それほど副業で稼ぐというのが楽しくなっています

 

なんで楽しいか?

別に好きなことをやれているからではありません。

やった分だけ数字に表れるからです。

 

サラリーマンは頑張ったって給料は増えない


サラリーマンって頑張ったからって、月の給料15万円以上あがります?

半分ぼけたようなおじいちゃんたちより、タイピングが早くても、ワードエクセルが上手く使えても、そのおじいちゃんたちより給料もらえることあります?

答えはNOですよね。

別に頑張ったところで給料は上がらないし、昇進にも頑張りが正しく反映されるわけでもない。

評価されたとしても微々たるもの。

 

その点、副業・YouTubeはやった分だけお金がもらえます。

自分が動画を上げた分、編集に力を入れた分、ある程度収入に比例します。

そりゃ楽しいよね。

日本の企業が衰退していっているのは確実に社員の士気を高めるのが下手だから。

その原因は間違いなく評価システムです。

 

なんでパソコンもろくに使えないおじいちゃんの半分しか給料もらえないのか。

昔ほど会社に忠誠を誓う人は少なくなってて、『会社勤めで頑張ったって無駄』って考えの若者が増えてきています。

だからGAFAなんかに引き抜かれていくわけで。

 

それと同様に、自分でやったぶんだけ成果が見える副業は楽しい。

基本的に副業でやれるようなものって基本的に固定給ではなく成果報酬型ですからね。

 

 

会社に不満がある人は副業始めてみては

会社の給料であったり、評価システムに不満がある人は副業やってみてはどうでしょうか。

『自分はもっとやれる』『自分はもっと稼げる』

そう思ってる人は是非やってみるべきです。

稼ぐに当たって、その反骨精神は大事かなと私は思いますし、また、自分を実際に会社外で試して実力を測ることもできます。

会社にバレるのが怖いという人がいますが、正当な方法で回避することもできます。

会社に不満を垂れているだけでは収入は増えません。大きい組織である会社を変えるのは相当な労力と時間が掛かります。

それよりも自分が変わる。動く方が何倍も簡単ですよ。