【twitter】ツイッター上で怪しいやつか怪しいやつじゃないか見分ける簡単な方法(なかのの夫方)

ツイッターをやっていると、

「儲かります!」

「サラリーマンはクソ!」

「フリーランス最高!!」

なんて声高だかに言って、若い人たちの社会に対する大小の不安を煽って、フリーランスの俺は儲かってる・私は不満なく過ごしているなんてつぶやいて、それらに憧れて釣られた若者に情報商材を売って小銭を稼いでいる人たちがたくさんいます。

 

ぽんこつ
どう考えても嘘やん

だったり、事実と異なることで煽ったりしているのですが、2chとかを経験していない若い子・そもそもおつむの弱い人たちなんかは簡単に狩られているようです。

 

少しだけ頭の回る人たちならば、Googleでその人たちがどんな人たちか調べたりすると思うので、その時にちゃんと情弱狩りの情報商材屋さんであることが分かるようにしてあげたいなと記事を書きました。

 

 

先日こんな記事を書きました。

【炎上】「なかのの夫」氏のトマトに関するtwitter投稿が炎上

11月 2, 2018

このなかのの夫という方もそういった類の方なんですが、記事にある通り高単価のアフィリエイトに釣られてあほな炎上をしました。

 

この「なかのの夫」氏はこの炎上以来しばらくツイッターでつぶやいていなったのですが、2019年4月10日に満を持して戻ってきました。

このツイートがポイントです。

このツイートには、

「おかえりー」

的なコメントがたくさんつきました。(そもそもそれも気持ち悪い。)

 

本題に戻りまして、

このツイートにリプしている人たちはグレーまたはブラックなことしてる情報商材系・怪しい人たちだと思ってください

で、リプに現れた人たちとよろしくしている人たちも怪しいと思ってください

 

ネット上でなかなかの炎上をした相手に対してどうどうとこれからもよろしく宣言している人たちですからね。相当おつむ弱いか、同じ商売をしている人たちですから。

 

ということで結論。

もし、

『この人言ってること本当なんだろうか?怪しいやつじゃないのか?』

なんて思った時はこのツイートにリプをしていないか、またはリプしている人たちと仲良くしていないかを確認してください。

 

ちなみに情報商材屋さんの手口としては、

現状に不満があったり、儲けたい若者に、

  1. 上司や会社嫌だよね?会社に縛られずに稼ぐ方法を無料で教えるよ。
  2. もっと突っ込んだとこまで話すセミナーするから来てね。
  3. これで、僕は成功したよ。もっと成功するためには●●万円のこの情報商材があるよ。
  4. 買ってね

っていう古典的なパターンです。

 

先に上げたような怪しい人たちをフォローすることで、また別の情弱狩りビジネスしている人たちから、

『こいつをフォローしてるってことは楽して金稼ぎたいやつらだな』

とあなたはリストに入れられてさらに情弱狩りに狙われます。

 

 

今のサラリーマン生活が面白くなくて不満があったとして、それを解決する方法はいくらでもありますが、フリーランスで簡単に稼げるというのは一握りだと思います。

むしろその人たちも本当に稼いでいるのか怪しいですよ。ほとんど収益のソース出されませんから。

 

 

ということで、ツイッター上で怪しいなと思う人がいたら、このなかのの夫とかいう試験紙で確認してみてください。