【YouTube】サムネイル画像の編集(文字入れ)は無料サイト「バナー工房」を使うべし!使い方も優しく解説!

本を聴こう
初回登録時は30日間無料

YouTubeにおいて、サムネイル画像はとても大事なものになってきます。

ヒカキン先生の動画なんてマジで目に留まりますよね。良いか悪いかは置いといて


画像引用元:YouTuberの裏側〜サムネイルにかける思い〜

今回はサムネイル画像を作成するのに「バナー工房」という無料サイトを紹介・使い方解説します。

おすすめする方
  • 画像編集の知識はない
  • 文字入れ等それなりに見えればよい
  • 無料で使いたい

上のような方(動画編集初心者)に向けて「バナー工房」を使ったサムネイルの作り方(主に文字の入れ方)を紹介します。

 icon-bell-o 最初に動画から静止画を切り出す方法も説明していますので、バナー工房の使用方法だけ読みたい方は目次で飛んでください。

サムネイル画像素材について

まずは作成するサムネイルの画像素材について。

サムネイルにどんな画像を使うかは自由ですが、基本的には動画の一部を切り取ったものを使うのが一般的です。

これについては様々な方法があります。

スマホで動画から静止画を切り出す

スマホアプリにはたくさんの「動画 icon-chevron-circle-right  icon-chevron-circle-right 静止画」のアプリがたくさんありますので、好きなものを使ってください。

<<参考>> 動画から画像をつくる アプリランキング TOP10

PCで動画から静止画を切り出す

PCとなると動画から静止画を作成する様々な方法がありますが、『フォト』を使った方法を紹介します。


①静止画を切り出したいムービーを『フォト』で開きます

②動画が再生されますので、自分が切り取りたい場所でシークバーを移動させて再生を止めます

③「編集と作成」をクリックし、「写真の保存」を選択します。

④「写真の保存」をクリックして好きなところに保存します。

サムネイルの画像素材ができたら「バナー工房」で編集します。

バナー工房使い方(文字入れ)

今回は「バナー工房で」画像に文字を入れる方法を紹介します。初めのころは、ないよりもあったほうがよいということで文字入れだけでも十分なサムネイルになるかと思います。


①「バナー工房」にアクセスします。

ここではまず、ページ下にある見逃しがちな注意事項について

横幅の大きな画像をアップロードすると、「横幅設定」で指定した横幅に自動縮小されます
(①未指定の場合は1000px②指定した横幅より小さな画像は、元画像の横幅のまま③横幅、縦幅ともに最大値は2000pxまで)

※画像を保存する場合は、加工完了後に「オレンジ色の保存ボタン」をクリックしてください。
 スマートフォンの場合は、完成画像を指で長押し(強くではなく軽く3秒間触る)した後に「イメージを保存」を選択してください。
画像(写真)は最終加工時間から約90分で自動削除されます。
他人に見られたり公開されることは一切ありません。
※加工編集する画像や写真の容量制限は10MBまでとなります。
※IE7及びIE8のサポートは終了しました。IE7,IE8では、画像を選択できません。ブラウザを最新のものに更新して下さい。
※お使いのブラウザが「IE」または「Edge」の場合は、キーボードの「F11」を押すと、全画面表示となり編集画面が広くなります

青線が重要箇所ですので覚えておいてください。

米印3つ目について、逆に言えば90分間は削除されませんので、間違ってブラウザを消しても一つ前の作業の状態の画像が残っています

では早速作成に移りましょう。

②サムネイル画像を選択・横幅を設定し、「画像を加工する」をクリックし画像編集を開始します。

③画像が読み込まれますので「メニュー」をクリックします。

④今回は文字を入れる編集をしますので「文字入れ」をクリックします。

⑤クリックすると文字の編集画面に移ります。ページをスクロールすると入力・編集画面が出てきます。

⑥入力編集画面で、表示させる文字を入力したら「STEP① 文字設定を変更・反映」をクリックします。
 icon-exclamation-triangle この紹介では、テキスト以外の項目(書体・文字影等)については説明しませんのでご自身でいじってみてください。

⑦クリックすると画像の中に文字が反映されます。

この文字はドロップで場所を移動することが可能です。

文字の装飾を変えたい場合には再度項目を触って「STEP① 文字設定を変更・反映」をクリックすると新しい設定が反省されます。

⑧文字の設定および位置が問題なければ。「STEP② 現在の位置で文字を確定」をクリックします。

これにて「テスト・サンプル」という文字が画像の中に入りました。

⑨あとは同様に、「変更・反映」 icon-angle-double-right  icon-angle-double-right 「確定」を繰り返せば、いくらでも文字を入力することができます。

※「戻る」というボタンはありませんが、ページ下方に「履歴」という項目がありますので、前の状態に戻したいという場合はこちらをご利用ください。

⑩画像の編集が終われば、「保存」をクリックして画像を保存してください。指定しているダウンロードフォルダに保存されます。

画像への文字入れの説明は以上になります。

画像編集ソフトの使い方がわからない方は、

「バナー工房」がもっとも楽にそれなりの画像が作れる方法
かなと思います。

まとめ

今回「バナー工房」にてサムネイルの画像作成方法を紹介しました。

とりあえず『画像に文字を入れてそれなりのを作りたい』という方にはかなりおすすめのサイトになっていますので是非是非ご利用いただければと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

ギリ昭和生まれのアラサー会社員です。 音楽と可愛い女の子とちょっとした悪口が好き。 嫌いなものは上司としいたけ。 詳しいプロフィールはトップメニューバーより。