【恋愛】出会いのない職業をGoogleサジェストから分析

Googleサジェストって知っていますか?

検索窓に調べたいキーワードを入れると、

こんな風に良く調べられているキーワードを提案(サジェスト)してくれるものです。

たいていの人が何かを調べるときに、「○○ △△」とスペースを空けて2語以上の言葉で検索すると思います。

今回、関連キーワード取得ツールというのを使って「出会いない」と一緒に検索されているキーワードをみてみました。

その中で、挙がっていた職業(その他ステータス)を分析しました。

結論としては、

要因は仕事にあるかもしれないけど最終的に出会うためには自分次第

です。

では見ていきましょう。

出会いのない職業


「出会いない」と一緒に検索されていた職業は、

  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 教員
  • 駅員
  • CA
  • 海上保安官
  • 警察官
  • 研修医
  • 研究職
  • 公務員
  • 工場勤務
  • 公認会計士
  • 整備士
  • 保育士
  • 不動産
  • 幼稚園教諭
  • 現場仕事
  • ディーラー
  • 美容師
  • 病院
  • パイロット
  • パティシエ
  • 薬剤師

このような職業の方々が「出会いない」と一緒に自らの仕事をキーワードとして検索しているようです。

特に多かったのが、『保育士』関係でした。
「保育士」「保育園」「保育学生」等いろんなキーワードが「出会いない」と合わせて検索されていました。

個人的にその通り『出会いないだろうな』と上の中で思うのは、

  • (管理)栄養士
  • 教員
  • 警察官
  • 美容師

あたりでしょうか。


Facebookで恋活・婚活【Pairs】※R18

 

出会いがない職業の共通点=勤務体制

出会いのない職業の共通点として、

勤務時間が不安定

ということが挙げられるのではないでしょうか。

(管理)栄養士は病院勤務で、土日勤務の日もあります。
教員は毎日遅くまで仕事がありますし、土日にはイベント・部活がある。
警察官は、宿直等でシフト制勤務の方がいます。
美容師は夜遅くまで仕事だし、土日の代わりの休みは月曜日。

上記職業の人って誘いづらい・紹介しづらい

勤務時間が不安定だとなぜ、「出会いがない」になるのか。

勤務時間が不安定な人って、友人を紹介しづらいんですよね。

華金に誘っても
『明日仕事だから早めに帰らないと』

そもそも仕事で断られる

一回誘って仕事で断られたら
『次も仕事かもしれないなー。やめとこ。』

ってことが要因で紹介の優先順位が下がりやすい

紹介しようと思っている相手も、自分が休みである土日に仕事をしている人って、これからのことを考えると牽制してしまうんですよね。結婚するまでは基本的にデートは土日になりますから。

普通に働てるだけなのに、ちょっと牽制されてしまうかわいそうな職業なわけです。
もちろん、それでも出会いがあって付き合いをする人もいるんでしょうが、全体として見ると、こういった理由で出会いが少ない人が多いんじゃないかと推測。

どうすれば出会いがあるか


出会いがない職業の人達は、友人からの紹介のチャンスが減って出会いがないに繋がっていると思います。

じゃあどうするか、となると自分から積極的に出会いの場に行くしかありません。
積極的に合コンを開いてもらったり、開いたり、街コンに行ったり、バーに1人で行ってみたり。

色々と方法がありますが、私はマッチングアプリをお勧めします。

マッチングアプリで結婚する人もいる

マッチングアプリなんてカッコイイ名前ではありますが、ひと昔前までは「出会い系」と言われマイナスなイメージが持たれやすいものでした。

ですが、今時代は変わって、お見合いがなくなって出会いの絶対数が減り、こういったアプリの需要が高まり、安全な・健全な出会いのツールとして多くの人に使用されています。

リクルートが調査したデータでも、マッチングアプリや婚活サイトの利用拡大が現れています。

2017年婚活サービスによって結婚した人の割合 icon-arrow-circle-right 10.4%
2018年独身者の婚活サービス利用経験率 icon-arrow-circle-right 18.1%
元データ:婚活実際調査

このようにマッチングアプリや婚活サイトというのは急速に市民権を得てきています。

私が一番バランスがとれていると思うマッチングアプリはpairs です。Facebookと連携していて安全性もばっちりです。

マッチングサイトを利用するメリット

出会いのない上記のような職業の人達に対してマッチングアプリをオススメするのは、

  • 職業・休日等で検索をかけることが出来る

という大きなメリットがあるからです。

職業と一緒に検索しているということは、どこかしら職業に原因があると考えて検索したわけです。
私がGoogleのサジェストから分析すると、おそらく休日が多くの社会人と合わないことが出会いのなさに繋がっていると考えます。

マッチングアップリでは休日を入力する項目があり、自分と休日があう相手を探すことが出来ます。

また、職業で検索も出来ますので、同じように不定な休みである職業の人を検索することが出来ます。

自分で動かないと結局出会いはない


休日が合う人がいいんじゃないかという流れで書いてきましたが、これは私が思うだけで、正直相手に求めるものは自分で設定して良いと思います。

『出会いがない』と嘆く前に、新しい出会いや恋愛がしたいと思ったら、とりあえずまず自分で動いてみることです。

「出会いない 職業」と検索して、『そうだよね~』と共感しているだけでは現状は変わりません

どんなに性格が良くても、出会わないことには先には進めません。
お見合いなどがなくなってきてシャイというだけで恋愛が出来ない時代になってきています。私の周りにも「いい子なのに」っていう子はいっぱいいます。

そこは自分の殻を破って積極的に一歩踏み出してみてはどうでしょうか。


Facebookで恋活・婚活【Pairs】※R18