【ブログ】「ブログで稼ぐ」仕組みを誰にでも分かるように解説!(全くの初心者向け)

ぽんこつ
ブログでお金が発生する仕組みを優しく・易しく解説しまっせ!

この記事にたどり着いた方は、ネットやら書籍やらで『ブログで稼ぐ』ことが出来ることを知ったものの、

ブログで稼ぐとはどういうこと?!

と、頭の中がはてなマークの方ばかりかと思います。

 

今まであまりパソコンを触ってなかった人ネットに明るくない人等、全くの素人はそもそもブログを書くことでどうやってお金が発生するか分からない方がほとんどだと思います。

 

結論から言うと、『ブログで稼ぐ』は

 icon-check-circle 広告収入で稼ぐ


形のビジネスモデルです。

 

誰でも分かるように「ブログで稼ぐ」=「広告収入で稼ぐ」ことについて易しく説明していきます。

広告収入について-ブログはテレビと同じビジネスモデル

 

ここで、ブログはいったん置いておいてテレビの話を。ブログで稼ぐ仕組みを理解するにはここの理解が重要ですので飛ばさずにお読みください。

 

みなさん、普段テレビを見ますよね?フジテレビであったりテレビ朝日であったり。

そこで質問ですが、

ぽんこつ
テレビを見ることにお金を払っていますか?

もちろん払っていませんよね(NHK除く。以下同様に除きます)。

 

ではテレビ局はどうやって売り上げを得ているのか

それはスポンサーと呼ばれる企業からCM出稿収入を得て売り上げを上げているのです。

スポンサーとは

スポンサー(英語: Sponsor)とは、団体、個人、スポーツのチーム、イベント、施設、番組などに対し、広告やPRを目的に金銭を支出する団体あるいは個人、すなわち広告主である
引用元:wiki スポンサー

テレビを見ていれば聞いたことがあるこのスポンサーというワード。

テレビで言うと、番組に「コマーシャル(CM)」を出している企業がスポンサーになります。

サザエさんでは最後に『サザエさんは東芝と、ご覧のスポンサーの提供でお送りします(した)』なんてセリフを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

サザエさんで言うと、この東芝がスポンサー企業ということになります。

企業はCM(広告)をテレビ番組内に入れてもらうことに対してお金を払っています。

スポンサー企業はCMを出すことによってその商品やサービスを広く知ってももらうことが出来るため、スポンサーとしてテレビ局にCM出稿料を払いCMを放送してもらうのです。

 

つまりテレビ局はテレビ番組内の広告収入にて売り上げを出しているのです。

Pointテレビは広告収入で売り上げを出している

CM(広告)の効果


企業がCMを出すことって、意識したことなければ『なんのため?』なんて思いません?

私は社会に出て働いているので広告というものが分かりますが、学生の時分だったら東芝がテレビ局にお金をプレゼントしているように思えてしまいます。

企業が広告を出すメリットってあるの?


これがめちゃくちゃあるんです。

CMの最大の目的はたくさんの人にその企業の商品またはサービスをたくさんの人に知ってもらうことです。

 

 

例えば自動車会社が新しい自動車を開発・発売したとしても、そのことを世間の人が知らなければ、どんなに良い商品だったとしても売れません

CMはテレビを使っての営業活動と考えてもらったら良いかも知れません。

 

営業の人がお宅訪問して一軒一軒に商品を営業して知ってもらえる人数より、テレビでCMを打つことでたくさんの人に見てもらえる・認知してもらえるわけです。

したがって商品を売りたい企業はたくさんの人が視聴するテレビに大金をだしてCMを出稿しているのです。

テレビって一家に一台必ずありますからかなりの広告効果を得られますからね。
(最近ではテレビを持っていない人も増えてきましたが。)

 

今ではテレビ同様の媒体としてYouTubeも広告を入れておりますね。YouTubeも動画視聴は無料ですので同じビジネススタイルということになります。

 

 

CMの効果としてもう一つ、

CMを出すことで、耳にする企業として信用も得ることも出来ます。

全く機能等が同じサービスでも、よく耳にする大企業が提供するものと、聞いたことない企業の提供するもの、どちらが買われるかと言うと前者の大企業が提供するものになります。

無名企業のものがある程度安く提供したとしてもこれは覆すのはなかなか難しいと思われます。

例えば、コーラが飲みたいときに、安くてもこういったコーラなかなか買いませんよね?

ぽんこつ
私は激安なら買う変な人ですが

テレビ局にとってCMはもちろん重要な収入元ですが、今の説明からも分かるようにスポンサーとなる企業側にとってもテレビの広告は重要なものとなっています。

Point

  • 広告によってたくさんの人に営業が出来る。信用を得られる。
  • 企業にとっても広告を出すことはとても重要。
先ほど「NHKは除く」と書きましたが、NHKはご存知の通り視聴料を徴収しています。
それはNHKがCMを流していないためです。NHKだけは国民の方からの視聴料により売り上げを得て経営をしているのです。民間のスポンサーからの収入を得ていないからこそ、企業に媚びたりせず公平公正な報道が出来る(出来ているかは不問)という感じです。

ブログで稼ぐもテレビと同じ=広告で稼ぐ

さて長かった前置きも終わりです。

大丈夫ですか?なんとか分かりすかね?

 

 

一呼吸したら本題です。

ブログで稼ぐというのは、テレビとほとんど同じような流れで売り上げを出します。

ブログもテレビと同様に、見ている方から閲覧料というものを取りませんよね?
(ファンクラブとかはそういう売り上げの出し方をしている)

ブログの場合は、記事内に企業の広告を貼ることで広告主から収入をもらうです。




上のバナー(画像)が広告です。このように記事内に広告主のリンクを貼ることで収入を得るわけです。

テレビCMと記事広告の違い

モデルはテレビと同じですが、広告の出稿料に違いがあります。

テレビの場合は、テレビ局はCMを放送するだけで収入を得ることが出来ますが、

ブログは、広告主のリンクを貼るだけでは収入は得られません。

 

もし広告を貼っただけで収入が得られるのであれば、ひたすら広告だけ貼りまくりますもんね。

ではどうやって広告主から収益を発生させるかとうと、

 icon-pencil-square 広告がクリックされたら発生(クリック報酬型)
 icon-pencil-square 広告リンク先で商品(サービス)が購入されたら発生(成果報酬型)

上の2つの方法で収益(報酬)を発生させます。

クリック報酬型


広告がクリックされたら報酬が入るものです。

よって、ブログ内の広告がクリックされれば、その後商品やサービスの購入をしなくても報酬が入ります。報酬を得るハードルは低いものの、単価が低いというデメリットがあります。

クリック報酬型icon-plus-circle メリット

  • 報酬発生のハードルが低い
  • 広告の選定が不要

 icon-minus-circle デメリット

  • 報酬単価が低い(1クリック30円程度)
  • 広告内容を選べない。

 

クリック型はGoogleAdsenseというサービスが有名です。
icon-bell こちらは以前は無料ブログでも出来たのですが、現在は独自ドメイン(○○.com)のサイトでなければ受け付けないようになっております。

名前の通り、Googleが提供しているサービスです。こちらは記事内に広告のコードを記載すれば、その内容をグーグルが記事の内容等を考慮し、最適な広告を設置してくれるサービスです。この自動で内容を選んでくれるのはメリットでもあり、デメリットでもあります。

どれくらいページを見られるとどれくらいの収入になるかは、「PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?」に記載されていますので参考に。

たくさんの人に見てもらえる、商品紹介記事以外のブログに有効な広告となります。

成果報酬型


成果報酬型は、広告がクリックされただけでは報酬は発生せず、クリック後にリンク先(ページ飛んだ先)で紹介した商品やサービスを購入・契約した際に報酬が発生するというものです。こちらは自分で貼る広告の内容を選ぶのが一般的です。

一般的にGoogleAdsenseのクリック率が1%と言われますので、その中からさらに購入・契約までしてもらうとなるとハードルは高くなっています。

ですが、その分成果報酬は高くなっています。条件を達成すれば、1件1,000円以上のものも、時には10,000円を超えるものもあります。

成果報酬型icon-plus-circle メリット

  • 成功報酬単価が高い
  • 記事にあった広告を選定できる

 icon-minus-circle デメリット

  • 報酬発生のハードルが高い
  • 広告選定の手間が掛かる

 

この成果報酬型の広告は商品紹介等の記事に有効な広告となっています。

 

成果報酬型の広告は、ASP(Application Service Provider)というサービスを通して広告を貼ります。
ASPは簡単に言うと、ネット上の広告代理店のようなものです。

例えば、下記バナーについて、

こちらは『U-NEXT』という動画見放題サービスの広告です。

こちらの広告を載せいたい場合には直接『U-NEXT』に広告掲載依頼をするのではなく、ASP(広告代理店)に対し広告掲載依頼を行います。

成果報酬型広告掲載の流れ
icon-check-circle ASPに登録
icon-check-circle 掲載したい広告について提携申請
icon-check-circle 提携承認
icon-check-circle ブログ記事内に広告掲載

具体的なブログの書き方

これらを使って具体的にどのように記事を書くか。
商品を使った感想や、便利なサービスの紹介になります。

誰しもが1つは

他の人よりこれについては詳しい

というものを持っていると思います。

そういったジャンルで、商品紹介やサービス紹介を行います。

つまりブログと言っても、日記を書くのではなく、記事を書いて稼ぐのです。

ASP紹介

上記で説明したASPについて、たくさんの会社があります。『ここにはあってあそこにはない』という広告もありますので自分にあったASPに登録することをおススメしますが、登録に費用は掛かりませんので数社登録してみましょう。

とりあえずこの3つを登録しておけば最初のうちは問題ありません。もう少し違うジャンルの商品を紹介したいと思った時にASPを探してみる感じで良いと思います。

『ブログで稼ぐ』は営業


『ブログで稼ぐ』となると基本的にはこの2種類の広告を使ってお金を稼ぐことになります。

今まで読んでいただければ分かると思いますが『ブログで稼ぐ』、というのは簡単に言うと広告主に代わっての営業です。

企業に代わってたくさんの目に人に商品を、サービスを届けて報酬を得るという仕組みです。

テレビ(マスメディア)と同じようにとにかくたくさん(マス)の方に見てもらうようにブログを作って営業する場合はクリック報酬型を使って、訪問販売のように商品について詳しく説明してブログを作る場合は成果報酬型の広告を使ってブログを書いていくことになります。

ぽんこつ
ブログでお金が発生する仕組みを解説しました。無料ブログであれば、書き手が支払うお金は発生しませんので興味がある方はブログ始めてみてはどうでしょう。