【PV数】ファンブログアクセス解析とグーグルアナリティクスとの違い

この記事は移転前にファンブログでアップしたものです。

こんな風にブログを書いていると、アクセス数というものがどうしても気になってきます。
このファンブログにもアクセス(ページビュー=PV)数というのが、管理画面の「アクセス解析」で見ることが出来ます。

これにより、自分の書いたブログのどのページがどれくらい見られているのかというのを把握することが出来ます。

それがモチベーションになったり、今後のブログの記事内容の方針に繋がったりするわけです。

Googleアナリティクスの導入

ブログを少し勧めていくと、もう少し解析したいということで『Googleアナリティクス』の導入を行うようになります。これは皆さんご存知のGoogleが行っているWeb解析ツール・サービスです。

ブログを開設してからそこそこに期間が立った後に私もより正確に分析できるこのGoogleアナリティクスをこのファンブログに導入しました。

導入しみた結果

今までファンブログで表示されるPV数は5,000PVを超える数字が表示されており、一日当たり200弱のPVならそこそこ見られるようになっているのかななんて思ってニヤニヤしていたものですが、、

ぽんこつ
現実はそんな甘くありませんでした。

下のグラフがファンブログのPV数とグーグルアナリティクスにより出されたPV数のグラフになります。


ご覧の通り、導入初期の頃は今まで喜んでいた数字の、半分どころか3分の1にも満たないアクセス数だったのです。

今まで1日200PVあったと思っていたものが、実際は1日30PV程度。この現実を突きつけられたときはそこそこショックでしたね。

なぜこんな差が出るのか

この差はファンブログだけではありません。例えばアメーバでもこのようにグーグルアナリティクスとの差はあると思います。程度は分かりませんが、間違いなく過剰にカウントされています。

どうしてなのか?ブログ運営側がモチベーションのために水増しして喜ばせてあげているのか?

簡単に言うと、ブログ運営のアクセス解析(ファンブログ、アメーバ等)はすべてのアクセスをカウントしているのです。

このブログ、その他インターネット上のすべてのページは、人間だけが見るわけではありません。

例をあげると、グーグル検索を行うと関連度の高いサイト・ページが表示されますね?これはグーグル側が一つ一つのページをその検索ワードに関連度が高いかどうか判断するため(順位付け)に機械的にサイトを見に来ているのです。

でもこれって実際に情報が欲しくて、見たくて見に来ているわけではありませんよね。なのでグーグルはこういった機械的なPV(クロールというらしいです)を排除しているのです。実際にはグーグルだけではなくほかのサービスでもこういったことがあるので、それらの機械的アクセス分がブログ機能の中のカウンターでは計上されているわけです。よって水増しや虚偽のデータを計上しているわけではないのです。

むしろ、グーグルアナリティクスがしっかり引き算を行ってアクセスを計っているといった感じです。

というわけで、ブログのアクセス解析をちゃんとしたい、正確なPV数を把握したいという方はブログ機能にあるアクセス解析だけではなく、グーグルアナリティクスの導入を是非お勧めします。

ぽんこつ
間違いなくショックがそこにはありますが…。