【ブログ】まず100記事書けというのは本当だった

※この記事はファンブログで運用していた時に書いたものです。(リライトはしています。)

雑記ブログ初心者のぽんこつです。

よくアフィリエイトを始めるにあたって「まず記事を100件書け」というのを目にします。
なにも考えない日記であっても、100記事書くというのは中々難しいものです。

例えば毎日1記事を書いていたとしても3ヵ月、3日に1回更新していた場合は10ヵ月ほど掛かります。

私は3日に1回ほども(というか全く)更新を行わないのですが、1年かけてやっと100記事を超えるに至りました。

そこで、100記事作成しての分析等を行いました。

ある程度(70~80)記事が増えてから急にアクセスが増えた

上のグラフは記事累計数と毎月のアクセス数で作成したものです。

始めの頃は記事を更新していてもまったくアクセスはなく、記事を更新してもアクセスは増えませんでした。

しかし記事数が60~70を超えたあたりから、そこまで記事を更新しなくてもある程度のアクセスを稼げるようになりました。
ここ最近は忙しくて更新していなかったのに、それでも毎日、毎月ある程度のアクセスを稼ぐことが出来ています。(といってもかなりショボいですが)

どうしてアクセスが増えたのか?


果たしてこれはなぜなのか?

決して神様が頑張りを認めてくれたわけではありません。

『一発当たった記事があるから』です。

私のアクセスは上記で書いたように途中から増えましたが、アクセスを稼いでいるのはほんの2~3記事です。
ちなみに当たった記事はコチラ icon-arrow-circle-down

【画像あり】一橋大学2016ミスコンがハイレベルと言うので・・・か、かわいい!!

8月 13, 2016

最初の頃に書いていた記事は、100記事書いて総アクセスが増えた今も数アクセスしかありません。

つまり

100記事書けば1発はあたる

これが『100記事書け』という方の真意だと思うんです。

この一発当てるというのが初心者ブロガーにとって大事だと私は思っていまして。

100記事書くメリット
  • 一発当たる
  • 一発当たることでブログを書くモチベーションが上がる
  • モチベが上がって当たった記事を分析する
  • 100記事書くことでライティングスキルもあがってる

『100記事書け』はつまり『100記事書いてまずは一発当てろ』ということだと私は思います。

この当てるという感覚は初心者ブロガーにとってかなり大事な経験だと思います。
うれしくて、さらにどんな記事を書けばアクセスされるのかを考え始めますから。

このサイクルが大事なのかなと。

100記事書いても当たらない人もいるかもしれませんが、まずは明らかにアクセスが増えたと感じる記事を作成するまではひたすらに記事を書き続けましょう。

created by Rinker
¥1,728 (2019/05/21 08:34:52時点 Amazon調べ-詳細)