【会社】保険屋・保険レディの勧誘がうざい…昼休み邪魔しないで…

直接的なdisタイトルですみません。

毎日毎日昼休みに、食堂やトイレの前等、社員が絶対に通るような通路に立って待ち構えている保険会社のお姉さんたち。

ぽんこつ
うえぜぇぇぇぇぇぇぇ

って思っている社会人は少なくないはずです。少なくとも私の職場にはたくさんいます。

昼休みに手を変え品を変え、近寄ってくる彼女たち。

『飴持ってきましたのでどうぞ!』
『クリアファイル持ってきたのでどうぞ』
『ディズニーチケットが当たる応募しませんか?!』

ひとりで歩いているところを狙い撃ちして話しかけてくるため、全く話を聞かないわけにもいかないんですよね。
一言目はお菓子をくれたりだが、二言目には保険の話。最近ホットなのは個人年金。

そんなにいきなり保険に入りたい、保険変えたいなんて思うこともない人が多いだろうに、週に何度も待ち伏せしております。

別に彼女たちの会社の保険に入らないことは何か悪いことをしてるわけではないのですが、

ぽんこつ
すみません、保険は入りません(変えません)

と申し訳なさそうにしなければならず、保険レディの前を通るのが日に日に嫌になってくるものです。

私は先輩から「保険の姉ちゃん今日はいる?」などと確認をされる始末。

その先輩は保険のおねえちゃんがいる場合にはそこを通らず、迂回してトイレやコンビニにいっているみたいです。

保険レディがうざい理由

なぜここまで保険レディが嫌なのかをちょっと考えてみました。

サラリーマンの貴重な昼休みを邪魔してくる

彼女たちが私たちに保険屋として営業できるのは、私たちの勤務時間外です。

勤務時間外となると。始業前、昼休み、終業後のどれか。

こうなると必然的に昼休みに営業活動を行うしかありません。

午前中が終わり、さぁ昼ご飯でも行くぞ!タバコに行くぞ!というタイミングで、話しかけてくる保険レディ。

ぽんこつ
すみません、保険は入りません(変えません)

私もそうですが、サラリーマンって昼休みにひと眠りする人も多いし、そもそも待ちに待った昼休み時間が削られるのって本当にイラつくんですよね。

契約を取りたい必死感

彼女たちには契約ノルマというものがあります。

その成績次第では上司から叱責を受けたり、逆にノルマが達成できれば給料に反映されたりなどします。

それが分かっているなら必死になりますよね。誰だって怒られたくないし、高い給料がもらいたい。

この必死さが顧客にすごい伝わってくるんですよ。保険を見直して、もっといい商品をお客さんに提供したいという気持ちよりも、なんとか契約にこぎつけたいという気持ちの方が全面に出てる。

新人さんなんか特に。

引いちゃいますよね普通に。

とにかくしつこい

決め手はとにかくしつこいこと。

興味ないってつい1週間前に答えたのに、

『お変わりないですかー?』

ぽんこつ
あるわけねーだろ!!!

小学生の時の「好きな人」みたいに一週間ごとに変わるわけねぇだろ!!!!

彼女たちには私たちはお金に見えているのでしょう。まぁそりゃそうだろうけど。

保険屋への罵声

twitterでもなかなかの罵詈雑言が・・・。

やっぱり、みんなが通る出入り口付近とかにいること、貴重な昼休みをクソみたいな勧誘で潰されることが腹立つポイントでしょうね。

あと、書いてあるように就業時間中に電話してくるのは最悪ですね。

保険レディを目指すキラキラ女子に伝えたい

外から見てると大変ですよ保険の営業。

私も書いたように、twitterにもあるように、煙たがられて、露骨に避けられて。

しかも新人の子についてきてる先輩大概怖い。

うざいなぁと思いつつもよくやれるなーこんな仕事って感心もします。

仕事だから何にも悪いことしてないんだけど、嫌われる仕事です。気の弱い子は保険レディは絶対向いてないと思いますのでご注意を。


リクナビNEXT